STORIONews> 社長ブログ 東日本大震災

月別アーカイブ

最新トラックバック

社長ブログ 東日本大震災

2012年3月22日

毛糸であったかクッションを作ろう ! in 相馬報徳庵

ecotable_chair.jpg福島県相馬市で、魚介類を加工販売する店舗「相馬報徳庵」がオープンしました。(株)ハテナバコさんは、こちらでボランテイア活動「毛糸であったかクッションを作ろう ! in 相馬報徳庵」を行なっています。震災直後からの継続した活動に、弊社も協力させて頂きました。

投稿者:storio | 09:37 | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月21日

川俣町の子供たち

川俣町の子供 原発事故の計画的避難区域になる見通しの福島県川俣町山木屋地区で4月18日、幼稚園児・小・中学生の優先避難が始まりました。

 画像は川俣町に物資を届けに行ったときに出会った子供です。人通りのほとんどない商店街を、手袋をはめフードを深くかぶり、逃げるように走り抜ける姿に放射能のむごさを感じました。この子達に影響が出ない事を心から願っています。

投稿者:storio | 19:27 | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月18日

応援してます、福島県川俣町

東北関東大震災 福島県川俣町 今、福島第一原発近郊の南相馬市・いわき市で、物資が届かない事が問題にされていますが、原発から40Kmに位置する川俣町も同様の悩みがあります。

 ここは原発近くの双葉町、浪江町の避難場所となっています。それを支えるのは、自らも被災した川俣町民。ここには、外部の応援はほとんど来ません。放射能を恐れトラック業者も敬遠しており物資も滞りがち。そんな中で彼らは明るく、元気にボランティア活動をしていました。放射能に不安を持ちながら頑張る彼らを、応援しています。

もっと詳しく

投稿者:storio | 22:29 | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月12日

必要支援の調査

福島県相馬市の津波被害 当社取締役が小千谷市議をつとめている関係から調査を相談され、被災状況の現地確認に協力致しました。

もっと詳しく

投稿者:storio | 23:46 | コメント (0) | トラックバック (0)