STORIO家具・インテリア DIY作品集趣味 > レコード・CD・DVDラック > レコードプレーヤーのためのオーディオラック

アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

レコードプレーヤーのためのオーディオラック

2017年8月 8日

レコードプレーヤーを収納したオーディオラックDIY完成品 DIYで作ったオーディオラック

【愛知県 M.O様】より、オーディオラックのDIY作品のご紹介です。

いつもストーリオのご利用、そして丁寧なコメントをありがとうございます!
ミリ単位でデザインにこだわられた、素敵なDIY作品です。

■■■お客様コメント■■■

事の始まりは、最近静かなブームになるアナログオーディオ。
一度は消滅しかけたレコードが、また最近ブームになりつつあります。
私も、学生時代はレコードを聴いていましたが、その後CDに切り替わり、最近ではPCオーディオに移行しました。
しかし、ネットで色々な記事を読むにつれ、またレコードを聴いてみたい という感情が沸々と沸いてきました。

レコードを聴くにはプレーヤーがいる。しかしプレーヤーは大きくて置き場所がない、専用のオーディオラックが必要である、とのことで初めは市販品を探しました。
しかし市販品はどれも大きく、狭い部屋に置けない。
それなら自作しましょうとのことで、いつものストーリオさんに発注することにしました。


手始めに、エクセルで簡単な図面を設計することに。
しかし図面を描いていると、オーディオラックって、言ってみればただの箱なので、なんか面白みがない。
ふと部屋の中を見回すと、千円程で買ったカラーBOXでも、天板と側板の合わせがツライチではなく、微妙に段差がつけてある。
なるほどと思い、自分の設計でも、天板、側板、棚板の合わせに段差をつけてみました。

しかしこれが裏目に出て、組み立てで苦労することになりました。
今回、天板・底板と側板の接合は、ミゾサネ(ビスケットジョイント)という方法を取り入れました。
この接合は、横方向は全くずれがないのですが、縦方向には余裕があってずれても入ってしまうのです。
本来、天板・底板と、側板は垂直に隙間なく接着されなければならないのですが、どうも天板が微妙に反っているのか、どうしても隙間が開いてしまいます。
側板も、デザイン優先でツラ位置から3mm下げ、また角の面取りも行ったので、一体どこに側板を合わせれば良いかわからず、泣きそうになりながら、何とか妥協できる位置に木工ボンドで固定しました。


さて、今度は塗装です。
初めにサンドペーパーをかけ、オイルステンをウエスで塗り込みました。
オイルステンが乾いたところで、油性ラッカーで上塗りしました。
ラッカーを塗っていると、ちょっと刷毛が引っかかる感じが・・・
ちょっとラッカーが濃いかなと思い、うすめ液を入れて再度塗装。
今度は快調、と思っていたら、何と下塗りのオイルステンが剥げてもうた!
あーん、またやり直しだ(泣)

いつもながら、塗装は難しいですね。
数年ごとにしかやらないので、ノウハウが継承されない(笑)
悪戦苦闘して、何とか遠目にはイイ感じに仕上がりました。
経験から分ったことは、下塗りのオイルステンから均一に丁寧に塗らないと、 上塗りのラッカーにも影響してしまうということですね。

DIYしたオーディオラック オーディオラックDIY完成品

いろいろ苦労はありましたが、出来上がってみれば、ミリ単位でデザインにこだわった甲斐があり、非常に満足感の高いものになりました。
ちょっと見には、市販品に見えるのではないかと自負しております。
また数年後には、お世話になるかもしれません。
その時まで、塗装のノウハウを覚えていればいいのですけど。


■■■材料情報(参考)■■■

-----------発送品内容----------------

ご注文番号:sd1014098

内容:オーディオラック
材質:パイン集成材 板厚:25、20mm

加工木材一式=¥16,094-

「アクセサリ」 品代小計 ¥1,104-
・オスダボ
・メスダボ(埋め込み加工込み)

お支払い総額 = ¥18,305ー(内消費税:¥1,355)
        (品代:¥17,198+梱包送料:¥1,107)

--------------------------------

DIY、ご注文はこちらあなたもオーディオラックの自作を楽しんでみませんか?

コメント (0) | トラックバック (0) | カテゴリ : レコード・CD・DVDラック

このエントリーのトラックバックURL

http://www.storio.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3175

スパム対策で、リンクの無いブログからのトラックバックは受け付けておりません。

■ 詳しいお問い合わせは、メールフォーム・お電話・FAX・メールでお寄せ下さい。