アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

隙間収納

2007年10月25日

ようやく完成しましたので、写真でご報告させて頂きたいと思います。
 初めての日曜大工で、なんとか3日で完成しました。塗装は、荏油(クリア)でオイルフィニッシュで仕上げました。予想以上に木目が出て綺麗でした。板材の扉のカット精度が良かったのでビッチリピッタリでした。(次回はもう少し余裕を計算します) 部品についてもスライド蝶番はワンタッチ式で非常に施工しやすかったです。取り扱いも簡単で便利です。

 ただ、キャスターボックスの表板の取り手の凹加工(手掛け加工)については、加工時に割れてしまったのか2枚共に両面に補修材?のようなもので修正されていた為、無塗装ではそれほど目立ちませんが、塗装すると粗が目だってしまい残念でした。シナランバーなので仕方がないのかもしれないですが、事前にご連絡頂ければ板材の変更を検討できたかなぁ?と思いました。


富山県 Y.M様

●材料情報(参考)
作りつけの棚に、扉とボックス表板・アクセサリ類のご注文

-----------発送品内容----------------
注文番号:sd1000924

材質:シナランバーコア合板,厚さ:18mm
「木材 No.1」 品代小計 ¥6156- (単価:¥1539×注文数:4)725×334 蝶番・ツマミ下穴
「木材 No.2」 品代小計 ¥3550- (単価:¥1775×注文数:2)365×650 手掛け加工

「アクセサリー」 品代小計 ¥5000-
  スライド丁番:インセット × 8 個
  ダイキャストツマミ(メタリック) × 4 個


お支払い総額 = ¥16,178ー(品代:¥14,706+梱包送料:¥1,472)
-------------------------------- 

DIY、ご注文はこちらあなたも日曜大工で、隙間収納に挑戦しませんか?
 

コメント (1) | トラックバック (0) | カテゴリ : 押入れ・天井・隙間収納

このエントリーのトラックバックURL

http://www.storio.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1684

スパム対策で、リンクの無いブログからのトラックバックは受け付けておりません。

■ 詳しいお問い合わせは、メールフォーム・お電話・FAX・メールでお寄せ下さい。

凹加工、申し訳ありませんでした。シナランバーコア合板は、心材に隙間が生じるため、このような加工の場合、表に見える場合があります。事前にお知らせするべきでした。今後気をつけたいと思います。
http://www.storio.co.jp/howtodiy/howtoblog/archives/2005/12/post_5.php

今回の作品は、壁に直接スライド丁番を付けられたのですが、とてもスッキリしましたね。DIYならではの収納家具です。

投稿者 ストーリオDIY : 2007年10月25日 14:17