アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

隙間ピッタリのラック

2006年4月 2日

  

市販の本棚がぐらつくので、マンションの壁の出っ張りと本棚の天板の間にうまくはまるようにと思って、ラックを設計したのですが、塗装のことも考えると設計上は、数ミリほど高さが足りないくらいが丁度良かったようです。
最初つっかえてはまらなかったときは、目の前が真っ暗になりましたが、再加工で5mm削って頂いた結果、今度は丁度ピッタリはまり、全くぐらつかなくなりました。塗装も初体験でしたが、できるだけ本棚と同じ色で塗り、ニスもかけたところ、初めての割にはまずまずのできだったと思います。
本当にありがとうございました。


東京都 Y.H 様

 
 
●隊長から、ちょっと紹介

隙間ピッタリは、けっこう測定が難しいもの。 作者の言われるように5mm位余裕を持たせた方がいいでしょう。それにしてもうまく作成できて、よかったですね。地震対策にも良さそうな作品です。

注)作品は本棚の上に重ねたラックです。

●材料情報(参考)
−−−−−−−−−−−発送品内容−−−−−−−−−−−−−−−−
注文番号:WN32453
ご依頼内容=ラック
材質:シナランバーコア合板 板厚:21mm
   シナベニア合板 板厚:3mm(背板のみ)
 
 加工済み材料代一式 = ¥7234−
 「アクセサリ」 品代小計 ¥1166−
  木目テープ 26mm巾(糊つき) 
  Fビス

お支払い総額 =¥9614− (内消費税:¥458)
            (品代:¥8400+梱包送料:¥1214)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


あなたも挑戦、Go 日曜大工応援隊!

コメント (0) | トラックバック (0) | カテゴリ : 押入れ・天井・隙間収納

このエントリーのトラックバックURL

http://www.storio.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1280

スパム対策で、リンクの無いブログからのトラックバックは受け付けておりません。

■ 詳しいお問い合わせは、メールフォーム・お電話・FAX・メールでお寄せ下さい。